2018『調布花火大会』穴場スポット

2019『調布花火大会』穴場スポット

 

開催日:2019年10月27日

 

2018『調布花火大会』穴場スポット

 

調布の風物詩として親しまれている花火。

 

最大8号玉の大玉を中心とした大スターマイン、音楽とコラボレートする調布名物「ハナビリュージョン」など、バラエティ豊かなプログラムで花火が打ち上げられます。

 

多摩川の雄大な自然を背景に秋の夜空を彩る華麗な景色を楽しもう。

 

 

 

 

それでは2019『調布花火大会』の日程と場所取りするのに、おすすめな穴場スポットと駐車場情報を紹介します。

 

  • 開催日:10月27日
  • 開催時間:17:30~18:30(予定)
  • 開催場所:東京都調布市 / 調布市多摩川周辺

 

荒天時は中止

 

有料席

  • テーブル席(4人用)1万8000円~2万円
  •  

  • 升席(10人用)4万円~4万5000円
  •  

  • シート(4人用)1万円
  •  

  • イス(1人用)2500~4000円
  •  

  • シート(1人用、電通大グラウンド会場)2000円(予定)

 

公式サイトはコチラから
調布花火大会

 

 

 

2019『調布花火大会』会場

 

 

 

所在地
東京都調布市 / 調布市多摩川周辺

  • 打ち上げ数:約1万発(予定)
  • 昨年の来場者数:約35万人
  • 問い合わせ先:調布市花火実行委員会

    TEL:042-481-7311

  • 駐車場:
  • 公衆トイレ:あり

 

 

2019『調布花火大会』アクセス方法

 

電車の場合
布田会場

  • 京王線布田駅より徒歩20分
  • 調布駅より徒歩25分

 

京王多摩川会場

  • 京王相模原線京王多摩川駅より徒歩10分
  • 調布駅より徒歩20分

 

2018『調布花火大会』穴場スポット

 

車で行く場合
混雑のため車での来場は不可

 

交通規制:18:00~21:30(会場周辺)

 

2016年の情報になります。

 

大きな変更はないと思いますが、情報が入り次第更新します。

 

交通規制図ダウンロード(PDF:239KB)

 

2018『調布花火大会』穴場スポット

 

2018『調布花火大会』穴場スポット

 

 

 

2019『調布花火大会』穴場スポット

 

 

下布田公園・上布田公園

 

どちらの公園も沼田会場から近く、迫力のある花火を感じることが出来ます。

 

大きな混雑もなく、ゆっくりと花火を感じることが出来る穴場スポットになります。

 

トイレもありますし、近くにローソンもありますのでオススメ出来るスポットになります。

 

下布田公園

 

 

 

上布田公園

 

 

 

 

鶴川街道周辺

 

打ち上げ場所から離れていますが、多摩川会場の花火が見えるスポットになります。

 

人も少なく、ゆっくり見物するスペースを確保できるのが魅力な穴場です。

 

南武線矢野口駅からスグになります。

 

 

>

 

 

 

イトーヨーカドー国領店の屋上

 

イトーヨーカドー国領店では例年調布花火大会当日の17:00~大会終了まで屋上駐車場を無料開放しています。

 

花火大会の会場からは少し遠いのですが、問題なく花火を見ることが出来ます。

 

京王線国領駅から徒歩10分程ですし、帰りの電車の混雑もある程度避けることができます。

 

 

イトーヨーカドー国領店

 

 

 

 

屋台

 

調布花火大会では会場内に飲食・物販ブースが出店しています。

 

もちろん会場周辺、河川敷などにも沢山の屋台が並んでいます。

 

定番の焼きそば、お好み焼き、たこ焼きといったB級グルメやラムネなど、おいしい食べ物を片手に花火を楽しんで下さい。

 

2018『調布花火大会』穴場スポット

 

 

 

調布花火大会は駅に囲まれた花火大会になります。

 

交通規制の影響よりも人が多く集まり、渋滞する感じです。(道路が入り組んでいます)

 

出来る限り車での移動は控えたほうが良いと思います。

 

花火を観覧するポイントとしては会場周辺でしたら布田会場の方が空いています。

 

穴場スポットですと多摩川会場の花火を離れた河川敷から楽しむのがオススメです。

 

 

車を利用する方は事前に交通規制情報を確認してください。

 

公式サイトはコチラから
調布花火大会

 

 

 

 

 

 

 

page top